スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

耳を澄ませば 新世界交響楽が聞こえる (かも)

 2011-12-23
旧新橋停車場_08


 その正面の青じろい時計はかっきり第二時を示しその振子は風もなくなり汽車もうごかずしずかなしずかな野原のなかにカチッカチッと正しく時を刻んで行くのでした。
 そしてまったくその振子の音のたえまを遠くの遠くの野原のはてから、かすかなかすかな旋律が糸のように流れて来るのでした。「新世界交響楽だわ。」姉がひとりごとのようにこっちを見ながらそっと云いました。全くもう車の中ではあの黒服の丈高い青年も誰もみんなやさしい夢を見ているのでした。

宮沢賢治 『銀河鉄道の夜』

耳を澄ませば 新世界交響楽が聞こえる (かも) の続きを読む

スポンサーサイト

停車場が銀河ステーションに変わる夜

 2011-12-18
旧新橋停車場_01


するとどこかで、ふしぎな声が、銀河ステーション、銀河ステーションと云う声がしたと思うといきなり眼の前が、ぱっと明るくなって、まるで億万の蛍烏賊(ほたるいか)の火を一ぺんに化石させて、そら中に沈めたという工合、またダイアモンド会社で、ねだんがやすくならないために、わざと穫れないふりをして、かくして置いた金剛石を、誰かがいきなりひっくりかえして、ばら撒いたという風に、眼の前がさあっと明るくなって、ジョバンニは、思わず何べんも眼を擦ってしまいました。

宮沢賢治 『銀河鉄道の夜』

停車場が銀河ステーションに変わる夜 の続きを読む

碓氷峠鉄道文化むら (その4)

 2009-07-14
碓氷峠鉄道文化むら_29



小さな踏切の向こうに、大きな機関車。

デゴイチですね!

碓氷峠鉄道文化むら (その4) の続きを読む

碓氷峠鉄道文化むら (その3)

 2009-07-13
碓氷峠鉄道文化むら_19



こんなのがありました(^^)

これも、一応「鉄道」なのでしょうか...(笑)

碓氷峠鉄道文化むら (その3) の続きを読む

碓氷峠鉄道文化むら (その2)

 2009-07-12
碓氷峠鉄道文化むら_11



「峠のシェルパ」こと、EF63形電気機関車。

今は、車庫の中で静かに休んでいます。


碓氷峠鉄道文化むら (その2) の続きを読む

碓氷峠鉄道文化むら

 2009-06-27
碓氷峠鉄道文化むら_01



かつて使用されていたアプト式レール。

真ん中に歯車のあるのが特徴です。

碓氷峠鉄道文化むら の続きを読む

碓氷峠 (その2)

 2009-06-25
碓氷峠_07



鎌倉の古寺かと思わせる風景ですが、違います。

鉄の聖地・碓氷峠の「アプトの道」です。


碓氷峠 (その2) の続きを読む

碓氷峠

 2009-06-22
碓氷峠_01



   母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね?

   ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、

   谷底へ落としたあの麦稈帽子ですよ。



西条八十 『帽子』 より

碓氷峠 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ベルニナです(^^)/

Author:ベルニナです(^^)/
なんちゃって「鉄ブログ」を作ってみました(^^ゞ
旅先で見かけた列車や駅の写真などをアップしています。

コメントを残して頂けると、 とってもうれしいです(^^)
※写真はクリックすると拡大表示されます。
※写真・記事の無断使用・無断転載、及び無断リンクを固く禁じます。

ベルニナのメインの写真ブログはこちら↓
God Speed!~風、しましょ!


★ベルニナへ直接メールする★

☆ 掲示板にも遊びに来てね ☆


最新記事
最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。