スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

旅で出会ったキハ40系 (その4)

 2010-10-24
羽越線_01



太陽がホームに影を落としていました。


ん~...こりゃアートだ...(笑)



今日は、秋田と新潟を日本海に沿って結ぶ羽越線。


上の写真は、山形県の酒田近辺の駅です。

(どこだか忘れてしまいました...(^^ゞ)





羽越線_02 (鶴岡)



山形県の鶴岡駅。

鶴岡は、作家・藤沢周平のふるさとでもありますね。



改札の向こうにディーゼルカーが見えています♪




羽越線_04 (鶴岡)



キハ47形気動車。

同じキハ47形でも、このあたりへくるとこういうカラリングになります。




羽越線_05 (鶴岡)


ところで、羽越本線は、全線電化されています。

ここまで(そしてこの先へも)、秋田から特急「いなほ」に乗ってやってきたのですが、もちろん「いなほ」も電車。


ではなぜここにディーゼルカーがいるのか??



鶴岡からちょっと秋田寄りへ向かったところに余目(あまるめ)という駅があります。

そこから内陸の新庄駅(山形新幹線の終着駅でもあります)へ陸羽西線が延びているのですが、てっきり、そこへ乗り入れている車両かと思いました。


が、時刻表を見てみると、そんな列車などなく...(^^;




羽越線_03 (鶴岡)


もうちょっと調べてみたら...


鶴岡からさらに西へ羽越線をずーっと進むと、村上駅(新潟県)があります。

実はその駅の手前(村上-間島間)で、電源が切り替わっているのだそうです。
交流から直流へ。


交流・直流両方に対応した電車ならば通しで走れるのですが、この区間(鶴岡近辺)では、普通列車のほとんどは気動車を運用しているそうです。




羽越線_09


(鶴岡駅にて)


なるほど。

そう考えると、交流と直流の両方に対応しているこの485系電車って、たいしたものなんですね(^^;




羽越線_06


鶴岡を新潟へ向かって出発した特急「いなほ」からの車窓。

ちょうど、夕暮れ時。
太陽が日本海へ沈んでいきます。




羽越線_07


列車は、海の間近を走ります♪




羽越線_08


太陽が海に沈むのと、「いなほ」が新潟へ着くのと、どちらが早いか。


夕日を眺めながらの列車の旅。

星の王子さまになった気分で(笑)、みなさんもいかがですか?(^^)

関連記事
コメント
雪国もやしさん、こんばんは(^^)/
コメント、どうもありがとうございます。
ちょうどきれいな夕日を車窓から見ることができました(^^)v

(追伸)
最近、あまり遠出しないので、駅弁ネタがなくてスミマセンです(^^ゞ
【2010/10/26 00:06】 | ベルニナ → 雪国もやしさん #- | [edit]
うわぁ~~v-10
天使の梯子・・・ステキですねe-266
【2010/10/25 22:13】 | 雪国もやし #/K0PA3HI | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://bernina2.blog24.fc2.com/tb.php/173-a291a18e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ベルニナです(^^)/

Author:ベルニナです(^^)/
なんちゃって「鉄ブログ」を作ってみました(^^ゞ
旅先で見かけた列車や駅の写真などをアップしています。

コメントを残して頂けると、 とってもうれしいです(^^)
※写真はクリックすると拡大表示されます。
※写真・記事の無断使用・無断転載、及び無断リンクを固く禁じます。

ベルニナのメインの写真ブログはこちら↓
God Speed!~風、しましょ!


★ベルニナへ直接メールする★

☆ 掲示板にも遊びに来てね ☆


最新記事
最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。